ブログ

HOMEブログ > 名刺管理サービス「SmartVisca」のバージョンアップ操作方法

2018/09/26

  • SmartVisca
  • プロダクト事業部からのお知らせ
  • 名刺管理

名刺管理サービス「SmartVisca」のバージョンアップ操作方法



みなさん、こんにちは。
サンブリッジ プロダクトサポート担当です。

SmartViscaは2018年春にバージョン2をリリースいたしました。
これまでのバージョンアップでLightning Experienceへの対応や取引先・取引先責任者の自動連携機能の追加など、さまざまな新機能についてメールにてご案内してきましたが、バージョンアップの操作方法がわからないためにインストールを躊躇してしまっている場合があるかと思います。
そこで本記事ではバージョンアップ操作の進め方についてご紹介いたします。

1.現在ご使用中のSmartViscaバージョンの確認

以降の手順で操作いただく内容が変わってきますので、まずは現在ご使用中のバージョンの確認を行います。
システム管理者ユーザにてSalesforceにログインして、設定メニューのクイック検索から「インストール済みパッケージ」を検索してメニューを開いてください。
下図のように貴社環境にインストールされたすべてのパッケージ情報が表示されます。
この中からパッケージ名「SmartVisca」のバージョン番号を確認します。(図の例ではバージョン番号は1.17になります)

インストール済みパッケージ

  • 1.20より古いバージョンをご利用のお客様

    3.新しいカスタムオブジェクトへのアクセス権限の追加、5.マッピング設定の確認・変更をご確認ください

  • 1.16より古いバージョンをご利用のお客様

    3.新しいカスタムオブジェクトへのアクセス権限の追加、4. 取引先・取引先責任者へのアクセス権限の確認・変更、5.マッピング設定の確認・変更をご確認ください

2. SmartViscaパッケージのインストール

まずはアップデートパッケージ一式を取得します。送信元アドレス「sv-tech@sunbridge.com」・件名「【SmartVisca】バージョンアップのお知らせ」にてご連絡差し上げておりますメールをご確認いただき、本文内に記載されたアップデートパッケージ一式のURLからzipファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードできましたらzipファイルを解凍いただき、同梱の「パッケージ」フォルダ内のパッケージURL(本番)をバージョン確認操作で使用したブラウザで開いてください。
下図のように①パスワードを入力し、②「すべてのユーザのインストール」を選択して、③「アップグレード」ボタンをクリックしてください。

アップグレードsmartvisca

アップデートインストールが完了するとSalesforceから完了通知メールが送信されますので、メールの到着までしばらくお待ちください。

3. 新しいカスタムオブジェクトへのアクセス権限の追加

ここからの操作はこれまでお使いいただいていたSmartViscaバージョンに応じて操作が変わってきます。
まずはバージョン1.20より古いものをお使いだった場合に必要となる新しいカスタムオブジェクトへのアクセス権限の追加についてご説明します。
これまでのバージョンでは名刺の項目と取引先・取引先責任者の項目の対応付けは固定でした。そのため例えば名刺オブジェクトにカスタム項目を追加いただいた場合、取引先・取引先責任者に値を引き継がせることができませんでした。現在のバージョンでは「マッピング設定」を編集いただくことで値の引き継ぎが可能になっております。「マッピング設定」はパッケージに含まれる新しいカスタムオブジェクトに設定が保存されますので、SmartViscaをお使いいただくすべてのユーザから設定が読み込めるようプロファイル設定を編集いただく必要があります。
システム管理者ユーザにてSalesforceにログインして、設定メニューのクイック検索から「プロファイル」を検索してメニューを開いてください。
一覧からSmartViscaをお使いいただくユーザ用のプロファイルを探し、「編集」アクションをクリックしてください。

ユーザープロファイル

※「編集」アクションが表示されない場合は設定メニューのクイック検索から「ユーザ管理設定」を検索してメニューを開き、アップデート操作が終わるまでの間は「拡張プロファイルユーザインターフェース」を無効化してください。

ユーザー管理設定

開いたプロファイル編集画面を「カスタムオブジェクト権限」のセクションまでスクロールして①名刺基本設定②名刺自動連携条件設定③名刺設定値④名刺連携項目マッピングについて「参照」「すべて表示」にチェックを入れます。

カスタムオブジェクト権限

バージョン1.16以降のバージョンをお使いだった場合はプロファイルに関する設定の変更は以上です。設定を保存し、同様の操作をSmartViscaユーザ用のすべてのプロファイルに対してお願いします。
バージョン1.16より古いものをお使いだった場合は、引き続きプロファイル設定の確認・変更操作を行いますので、設定は保存せずに記事を読み進めてください。

4. 取引先・取引先責任者へのアクセス権限の確認・変更

引き続きバージョン1.16より古いものをお使いだった場合に必要となる取引先・取引先責任者へのアクセス権限の確認・変更操作についてご説明します。
最新版パッケージを適用すると取引先・取引先責任者登録操作時に実行ユーザが権限を持つかのチェックが厳密に行われるようになります。権限に不足があると取引先・取引先責任者の登録・更新操作が行えなくなってしまいますので、権限を確認し、漏れがあるようでしたら追加で権限付与を行います。
まずは取引先・取引先責任者オブジェクトへのアクセス権限を確認します。プロファイルの編集画面を少し上にスクロールし、標準オブジェクト権限セクションを表示します。取引先・取引先責任者の設定を確認し「参照」・「作成」・「編集」権限が付いているか確認し、ないようであればチェックを入れます。なお「削除」・「すべて表示」・「すべて変更」にチェックが入っている場合には、そのままの設定で問題ありません。
標準オブジェクト権限

確認・変更が終わったら一旦設定を保存します。保存すると編集していたプロファイルが閲覧モードで表示されますので、引き続き取引先・取引先責任者の会社名・氏名や住所の編集権限があるかの確認を実施して行きます。ページを少し下にスクロールし「項目レベルセキュリティ」セクションを表示します。まずは取引先の設定を確認しますので取引先の「参照」をクリックします。

項目レベルセキュリティ

開いた取引先の項目レベルセキュリティ設定の確認画面で「編集」ボタンをクリックします。

smartviscaユーザー用プロファイル

編集画面が開きますので全てのチェック可能な項目の①「編集アクセス権」にチェックを入れ、②「保存」ボタンをクリックします。

SVプロファイル保存

保存が完了したら「プロファイルに戻る」ボタンをクリックします。

svプロファイルに戻る

引き続き取引先責任者の「参照」をクリックします。

項目レベルセキュリティ参照

開いた取引先責任者の項目レベルセキュリティ設定の確認画面で「編集」ボタンをクリックします。

項目レベルセキュリティ編集

 

編集画面が開きますので全てのチェック可能な項目の①「編集アクセス権」にチェックを入れ、②「保存」ボタンをクリックします。

項目レベルセキュリティ保存

以上でこちらのプロファイルの設定確認・編集操作は完了です。
同様の操作をSmartViscaユーザ用のすべてのプロファイルに対してお願いします。

5. マッピング設定の確認・変更

最後にバージョン1.20より古いものをお使いだった場合に必要となるマッピング設定の確認・変更操作についてご説明します。
最新版パッケージを適用すると取引先の住所(納入先)項目へのマッピングが自動的に行われます。もし住所(納入先)項目をご使用でない場合にはマッピング設定を編集し、項目の対応付けを解除する必要があります。(ご使用いただいているようでしたら本作業は不要です)
まずは「SmartVisca設定」タブを開きます。
Salesforce ClassicではSmartViscaアプリを開いた際に「名刺」や「取引先」などのタブの一番右側に表示される①「+」をクリックしてすべてのタブを開き、一覧の中から②「SmartVisca設定」タブをクリックします。

sv_classic

Lightning Experienceでは①画面左上のメニューアイコンから「アプリケーションランチャー」を開いて、すべての項目の中から②「SmartVisca設定」タブをクリックします。

sv_lightning

開いた画面から①「SmartVisca連携マッピング」を選択してマッピング設定画面を呼び出します。設定がロードされますのでページ内をスクロールして②住所(納入先)に関するマッピング設定のチェックボックスにチェックを入れ③「マッピングを削除」ボタンをクリックします。最後に④「保存」ボタンをクリックして設定を保存してください。

マッピング削除

以上でバージョンアップ操作は完了です。

6. 終わりに

いかがだったでしょうか。見慣れない設定画面をたくさん編集することとなり、わかりにくい操作もあったかと思います。もし本記事だけでは行き詰る設定操作などありましたら、ご契約時にご案内しておりますサポートデスクまでメールにてご連絡くださいませ。

【ホワイトペーパー】アカウントベースドマーケティング(ABM)

名刺情報を活用できるようになると、特定の企業に対して効率的な営業アプローチが可能になります。これはアカウントベースドマーケティング(ABM)と呼ばれる営業手法で、近年日本国内でも広がりを見せています。この資料では、ABMの定義や実施内容から課題やメリットまで、基本として理解しておきたい内容を簡潔にまとめております。

ダウンロードはこちら

関連記事

メールマガジンのご登録

最新のクラウドの動向やマーケティングオートメーション活用の情報などをお届けします。サンブリッジがお預かりした個人情報の取扱についてをご一読のうえご登録ください。

最新記事