ブログ

HOMEブログ > ~MA導入支援担当者による~
マーケティングオートメーション(MA)お気に入り機能ご紹介:Pardot編④スコアリングルール

2018/01/24   MAインプリ担当

  • Pardot
  • スコアリング
  • マーケティングオートメーション

~MA導入支援担当者による~
マーケティングオートメーション(MA)お気に入り機能ご紹介:Pardot編④スコアリングルール



今回はsalesforce社が提供しているマーケティング・オートメーション(MA)Pardotを運用していく中で感じている私のお気に入りポイントを紹介いたします。どのMAを導入しようかと検討中の担当者様のヒントになりましたら幸いです。

MAを運用していく中で、必須といってもいい機能がスコアリングです。

メール開封で1点、メール内リンクをクリックされたら3点、遷移先のランディングページで資料をダウンロードしたら50点・・・これらの点数を積み上げていき、●点以上になったら「ホットになった」と仮定して営業チームに引き渡す。スコアリング機能を利用することでこのような流れが想定されます。

ただ、「メールを開封したら●点」「メール内リンクをクリックしたら●点」と、アクションごとに付与するスコア値を決めていくのは大変な作業です。

また、メールと一言で言っても内容の重要度によって「普段のメールは開封されたら1点付与しているが、このメールだけは開封されたら5点付与し、さらにメール内リンクをクリックしたら、即電話したい」というイレギュラーなケースもあるかもしれません。

一体どんなルールで運用したらいいのかと気が遠くなりそうですが……何とPardotには、このスコアの値が「スコアリングルール(Scoring Rules)」としてデフォルトで設定されているのです!

スコアリングルール(Scoring Rules)の確認方法

① 管理(Admin) >オートメーション設定(Automation Settings) >スコアリング(Scoring)に移動します。
スコアリングルール(Scoring Rules)が設定されている値です。
② 右上の「スコアリングルールを編集」をクリックすると、値を変更できます。

180117blog

もしアセットごと(Pardotではフォーム、フォームハンドラー、ファイル、カスタムリダイレクト、メール、ページアクションをアセットといいます)に個別に配点を変えたい場合も、以前ご紹介した「完了アクション」を使ってスコアを調整することができます。

そのため事前にスコアの配点を設定しなくても、例えばプロスペクト(Pardotでは見込客のことをリードではなくプロスペクトと呼びます)が、配信したメールを「開封した」「メール内リンクをクリックした」「遷移先のサイトを何ページ見た」などのアクションをした場合、自動的にデフォルトのスコアが付与されるのです。

いかがでしたでしょうか。
スコアリングはプロスペクトを営業に引き渡す際の重要な指標です。上手に活用して運用していただければと思います。

【ホワイトペーパー】
Pardotの特長と導入検討時におさえておきたいポイント

現在、国産・海外産を含めて多くのマーケティングオートメーションツールが登場しています。MAを導入すべきか、導入するならどのツールにすべきかと悩まれているご担当者様も少なくないでしょう。
そこで本ホワイトペーパーでは、MAの導入を検討されているご担当者様へ向けて、MAの代表的なツールの一つであるPardotに焦点をあて、Pardotで実現できることおよび、導入にあたってのポイントを整理いたしました。

ダウンロードはこちら


マーケティングオートメーション導入・活用支援
コンサルティングサービスに関するお問い合わせ

サンブリッジでは、マーケティングオートメーション導入をはじめ
活用支援やトレーニングなどを行っております。
ご質問・お申込みはお気軽にお問合せフォームよりご連絡ください。

お問合せはこちらまで

関連記事