トレンド情報・コラム 2015/01/09 SmartVisca担当 TS

月々の名刺交換枚数


meishi-266x300皆さまの会社で月々どのくらいの枚数の名刺を交換されているかご存知でしょうか?

社内で一番名刺交換が多いのは、当然ながら営業職の方々かと思います。次いで役員の方やマーケティング職の方々がイベントで交換されることが多いと思います。
ここでは営業職を中心にお話させていただきます。

新規開拓やルートセールスなど営業スタイルによっても変わってきますが、株式会社キングジムの2010年度「名刺に関する意識調査」によると、1ヶ月に交換する名刺の平均枚数は13枚、社会人になってからの延交換枚数は40代で2,074枚にもなります。

営業マン1名で年間156枚、10名の営業を抱える会社では年間1,560枚もの名刺を管理する必要があります。

社員の退職によって名刺を持ち出しされてしまったり、古い名刺だからといって廃棄してしまっていませんか?
せっかく社員の努力によって得た大量の名刺を有効活用することによって、新規開拓/案件化/商談化 につなげることができます。
その為にはまず、名刺情報を社内のシステムに取込み、情報を残していける仕組み作りが必要なのではないでしょうか。