イベント・セミナーレポート 2016/12/21 マーケ部長

Salesforce World Tour Tokyo 2016


サンブリッジの1年のイベント活動を締めくくるセールスフォース・ドットコム主催のイベントSalesforce World Tour Tokyo 2016が12月13日、14日の2日間、ザ・プリンスパークタワー東京にて開催されました。

今年のテーマは「Our Path Together ――ともに進む。ともに目指す。」会場はTrailheadのキャラクターであるアストロくんをはじめとするキャラクターやCustomer Trailblazersの証であるトレーナーを身にまとった数々のSalesforceパワーユーザーのパネルで統一され、イベント開催前からワクワクする気持ちになってきます。

swtt2016

Day1の基調講演は吉田兄弟による大迫力の三味線によるパフォーマンスで幕をあけました。

パフォーマンスの後に登壇した株式会社セールスフォース・ドットコム会長兼社長の小出 伸一氏は、今回のイベントはオンラインでの参加者は100万名が見込まれ、事前登録者数は11,000名を超え、200以上のセッションと75社以上のパートナーが参加と大きなイベントとなったと語りました。同社の2016年度における売上予測は8,000億円を超える見込みでこれはグローバルでのソフトウェア企業において第4位であり、経済誌『Forbes』では6年連続でイノベーティブな企業として選ばれ、さらにこの10年でもっともイノベーティブな経営者として創業者のMark Benioff氏が選ばれたと説明しました。

keynote

さらに小出氏はSalesforceのコアバリューとして“信頼(Trust)・成長(Growth)・イノベーション(Innovation)・平等(Equalty)”を説明し、特にグローバルな企業展開において「平等であること」が最も重要な経営の指標となると語り、Salesforceではすっかりおなじみとなった社会貢献活動として「1-1-1モデル」を紹介しました。また日本へのコミットメントとして、日本のベンチャーへの投資、2つめのデータセンターの大阪への開設、サンブリッジも参画する南紀白浜サテライトオフィスで展開される地方創生のモデル事業を紹介しました。

基調講演ではSales Cloud and Service Cloud GM & EVPのAdam Blitzer氏により、エンタープライズソフトウェアの5つの変革として“インテリジェンス・スピード・生産性・モバイル化・つながり”が提示され、これらを実現するテクノロジーとしてLightning、Comerce Cloud(旧Demandware)、Quip、LiveMassage、My Salesforce1、Thunder IoT Cloudの概要が紹介されました。続いてSalesforceのデモではおなじみのプロダクトマーケティングディレクター田崎 純一郎氏がSalesforce Einsteinの仕組みの紹介とデモを実施しました。

基調講演では顧客事例としてソニー株式会社(BtoC)、株式会社日立製作所(BtoB)が紹介されました。

基調講演はセールスフォース・ドットコムのイベントサイトで閲覧することが可能です。

12月14日(水)のDay2はブレイクアウトセッション「ビジネス変革を推進するセールスフォースのエコシステムパートナー  ~ 顧客の経営変革を支えるアドバイザー、ビジネスを繋げるエコシステムパートナーからみたSalesforce の魅力 ~」にサンブリッジ代表取締役社長の小野 裕之がパートナーであるコネクシオ株式会社 法人ビジネス企画部課長の菊地 淳一氏と共に登壇しました。

セッションは株式会社セールスフォース・ドットコム 常務執行役員 アライアンス本部長 手嶋 主税氏がホストとなり、昨今の顧客の購買プロセスの変化に伴う、マルチな顧客接点を考慮すべき企業活動におけるイノベーション実現のためのSalesforceの取り組みについて語り、経営面とアプリパートナー2つの観点からの事例として、サンブリッジを含むパートナー企業を紹介しました。

前半のパートでは、経営の観点でのSalesforceを活用した顧客支援の実例としてカーライル・ジャパン・エルエルシー ヴァイス プレジデント 吉岡 正 氏が登壇し、「企業価値の向上」のために“日本に根ざした投資活動、グローバル化の支援、経営陣の戦略によりそう、トップラインを伸ばす”とという同社の考え方について説明しました。そして、企業価値戦略遂行のツールとしてSalesforceを積極的に活用していると語りました。

セッションの後半に登壇した小野は、10年来のSalesforceパートナーとしての歴史と、Salesforceビジネス参入における経緯と課題として、インプリメンテーション主体のビジネスから、一歩踏み出し製品ビジネスへの参画へと至った経緯を説明しました。そしてSalesforceへの顧客情報入力支援のツールとして開発されたSmartViscaがモバイル対応、Pardot連携ソリューションViscarteへという誕生の背景とお客様の声をご紹介しました。更に小野は繋がるビジネスへの広がりのための顧客情報の入り口としての名刺〜コンタクト〜リード〜商談化〜顧客化へのサイクルを説明し、それぞれのフェイズにおいてSalesforceとAppExchangeのツールがどのような役割を果すのかという事に触れ、名刺(SmartVisca)、コンタクト(kumoden)のフェーズにおけるAppExchangeアプリケーションを紹介し、コネクシオの菊池氏にバトンタッチしました。

sbono

菊池氏は携帯電話販売からSaleforceビジネスに参入した経緯について語り、インプリメンテーション・技術的支援でのサンブリッジとのパートナーシップのはじまりと同社のクラウド電話帳kumodenの名刺取込機能連携による製品間でのパートナーシップについて紹介の後、「Salesforceのエコシステムにより機能の追加イコール追加開発ではなく、パートナー間の繋がりが製品間の繋がりを産み、お客様の課題を解決できるようになった」と語りました。

菊池氏のプレゼンテーションを受け、小野は“「つながる」ことで拡がる価値”として、新たな価値を創造するプラットフォームとしてのSalesforceの上にお客様の実現したいビジネス変革を支援する様々なAppExchangeパートナーが実現するアプリケーションが存在し、顧客の立場からもパートナーの立場からもSalesforceというプラットフォームの上でビジネス改革を実現する理想的なエコシステムが機能しているとまとめました。
cloud-expo

Day1, Day2の2日間を通じて開催されたCloud Expoでは、Salesforce一体型クラウド名刺管理サービス「SmartVisca(スマートビスカ)」をご紹介しました。サンブリッジのブースには両日とも多くのお客様が来場され、名刺管理を行うことだけを目的とするのではなく、Pardotを活用したマーケティングやSales Cloudでの商談管理に活用することのメリットを実感されていました。


マーケティングオートメーション導入支援
コンサルティングサービスに関するお問い合わせ

サンブリッジでは、マーケティングオートメーション導入をはじめ
活用支援やトレーニングなどを行っております。
ご質問・お申込みはお気軽にお問合せフォームよりご連絡ください。

お問合せはこちらまで

関連記事