トレンド情報・コラム 2017/01/25 マーケティング担当

マーケティングオートメーション(MA)の選定に困っているという担当者の方へ – 海外口コミ情報のご紹介


皆さんは自社で導入する製品を選ぶときに何を基準に判断しますか?
機能、価格、サポート体制、重視すべき点はいろいろありますが、製品説明だけでは使い勝手がイメージできず、どれが良いのか選定に迷うということも多いでしょう。そんなときに気になるのが利用者の感想 – 口コミです。とはいえ、日用品や電化製品、書籍など個人で購入するものとは違い、ビジネス向けの製品についての口コミはまだまだ少ない状況です。

そこで今回は、海外の製品比較・口コミサイト「G2 Crowd」からMAに関しての比較をご紹介します。(2017年1月時点またはコメントが掲載された時点の評価です。最新の情報はサイトをご参照ください)

G2 Crowdとは、海外にあるビジネス系ソフトウェアの比較・口コミサイトで、現在10万以上のレビューが掲載されています。
このサイトではまず、全体評価として各商材を以下のグループに分けています。

Leader:評価者のレビュー他、市場シェアやサポートの点も考慮して評価が高い
High:利用者からの評価は高いが、市場シェアや企業規模が十分ではない
Contender:市場認知度やリソースはあるものの、評価があまり高くない
Niche:市場認知度は低いが、顧客の評価が高い

このうち、現時点でLeaderに選ばれているのは、Pardot、Marketo、Hubspot、Act-Onの4製品のみです。
Pardot(パードット)、Marketo(マルケト)、Hubspot(ハブスポット)は日本でもMAにおける代表的なツールですので、ご存知の方も多いと思います。

今回は、この3製品について各レビューを紹介します。

まず、レビューの項目は、価格、評価、機能に大きく分かれています。また、評価者の企業規模や業種も掲載されているので、自社と同等の立場からのコメントかどうかも含めて比較することができます。
機能の項目はさらに、メールマーケティング、オンラインマーケティング、リードマネージメント、キャンペーンマネージメント、ソーシャル、レポート・分析、プラットフォーム、連携(拡張性)に項目が分かれており、各項目ごとに細かく評価軸が記載されています。
3社ともLeaderに位置付けられているため全体的に評価は高いのですが(10点中8点以上が多い)、どのような点が評価されているのかみていきましょう。

Pardot:機能は多いがレイアウトがシンプルで使いやすい

どの機能も高評価ですが、特に中規模以上(51人以上)の企業のユーザーに評価が高いようです。
良い点としては、画面レイアウトなどUIがシンプルで使いやすいという意見が目立ちました。機能が充実していると画面が煩雑になりがちですが、レイアウトがすっきりしている点が高い評価を得ているようです。その他、フィルタ機能やサポートの質などがあがっていました。また、外部ツールと連携しやすいという意見もありましたが、Pardotの最大の効果を発揮するにはやはりSalesforceと共に利用するのが良いようです。
一方、改善点としては、レポート機能のカスタマイズ性がもう少しあればという意見もありましたが、Salesforceと連携している場合はレポート機能も利用できますので、やはりその意味でもSalesforce導入企業にはPardotがおすすめでしょう。

Marketo:使いこなすほどアイデアが生まれる

どの機能も高評価ですが、Pardotと同様に中規模以上(51人以上)の企業のユーザーで評価が高いようです。
良い点としては、プログラム作成がしやすいなどの使いやすさや、プログレッシブプロファイリング、育成キャンペーン、API連携などの機能の面での評価やコミュニティー活動などの意見がありました。
一方、改善点としては、機能が多く最初は少し戸惑ったという意見がありましたが、少しずつ新しい機能を習得することで使いこなしていけるとのことです。
また、レビューの中で、個人的に特に納得した点は、以下の二つです。

If you have a strong marketing strategy, you’ll see more positive results. (注1)

(戦略が良いほど得られる結果も良くなる)

Marketoに限らずですが、機能が充実しているほど、それを生かす戦略が重要になるということだと思います。

There is tremendous flexibility–usually two or three ways to accomplish a task. More experienced users can come up with some really creative and innovative…(注2)

(目的を達成するためにいくつか方法があり、経験を積むほど創造的なアイデアが生まれる)

Marketoは確かに一つのことを実現するためにいくつかの方法があり、使い慣れていくうちにより効率的な方法や、目的を達成するためのプログラムの組み方などのアイデアを思いつくことがしばしばあります。

Hubspot:コンテンツマーケティングに評価が高い

どの機能も高評価ですが、特に小規模(50人以下)の企業のユーザーで評価が高いようです。
レビューコメントにおける良い点は、テンプレートが多い、WEBの改善ポイントが明確になったなど、コンテンツマーケティングに向いているツールとして評価が高いようです。
一方、改善点としては、機能が見つけにくいものがあるという意見がありましたが、トレーニングビデオが充実しているとのことなので自分で学習をしたり、ネット上でTipsを探すなどで十分使いこなせるようです。

ABM(Account Based Marketing)機能では・・・

このサイトには「ABM(Account Based Marketing)」のカテゴリーもあり、1位はMarketoです(Marketoの米国版ではすでにABMの機能が実装されている)。ただ、機能面などABMに特化した評価軸はまだ少ないので、今後のレビューの更新を期待したいころです。

(注1)(注2)https://www.g2crowd.com/products/marketo/reviews

【ホワイトペーパー】現場担当者のための*
マーケティングオートメーション(MA)の選び方

本ホワイトペーパーでは、どのMAを選ぶにあたっても、現場担当者の立場から少なくともこれだけはおさえたいと思う点を整理しました。

MAの選び方をダウンロードする