Marketo 導入実績世界4500社以上のマーケティングオートメーション

HOMEプロダクト > Marketo

Marketoとは?

Marketo(マルケト)は2006年に米国で創業したマルケト社によるマーケティングオートメーションです。マルケト社は業界では米国で唯一のマーケティング専業ベンダーであり、Marketo製品は、これまで世界39カ国、4,500社以上、国内では500社の導入実績があります。
使いやすいインターフェースとマーケターの立場で考えられた豊富な機能が特徴です。

Marketoの特徴

  • 使いやすいインターフェース
  • マーケターの視点から作られた豊富な機能
  • サポート、コミュニティの充実
Marketoの特徴

Marketoで実現できること
自動化による作業時間の軽減、リード育成~営業活動の効率化へ

1. 見込み顧客の育成

複数の施策を合わせ、リードの反応や行動トラッキングをもとにスコアリングを設定、リードの商材への関心を醸成、見込み客へと変えていく施策が可能です。

・リードナーチャリング(育成)

ステップメールや条件に応じたコンテンツ配信など、リードの状況に合わせてフローを設定することにより、リードの商材への関心度を高めていくことが可能です。Marketoではリード育成に必要な各種機能が揃っています。

【関連機能】ナーチャリングプログラムスコアリングWEBトラッキング

リードナーチャリング(育成)

・メールマーケティング

業種や企業規模のような属性情報はもちろん、行動状況や頻度に応じて配信対象をセグメント化することで、従来のメール配信ツールよりも、さらに一歩踏み込んだメールマーケティングが可能になります。

【関連機能】スマートキャンペーンメール作成・配信セグメントA/Bテスト

メールマーケティング

・セミナー・イベントマーケティング

セミナー・イベント集客のためのメール配信、申込フォームの設定から、終了後のフォローアップメールまで、一連のプログラム内で設定が可能です。出席状況などに応じたメールの出し分けなど、パーソナライズな対応も行うことができます。

【関連機能】イベントプログラム入力フォーム・ランディングページ作成メール作成・配信

セミナー・イベントマーケティング

2.タイムリーな営業活動・商談率の向上

従来のような一律の営業スタイルではなく、見込み度合が高いリードから優先的にアプローチすることが可能になり、営業効率・商談率の向上が期待できます。
確度の高いリードが発生した時点で担当者へアラートを送信する、SFAの所有者へ割り当てるなどの機能により、顧客の商材への関心が高くなったタイミングに合わせて、アプローチをすることが可能となります。

【関連機能】SFA連携アラート注目の出来事

タイムリーな営業活動・商談率の向上

3.マーケティング効果の可視化・改善

配信メールやランディングページなど、各施策に対するリード育成度合いや商談化率を合わせて分析することで、キャンペーンごとの効果を可視化し、次の施策の改善へと繋げることが可能になります。

【関連機能】レポート・アナライザ

マーケティング効果の可視化・改善

マーケティングオートメーションおよび
Marketoに関するご質問・お問い合わせ

お問い合わせ

機能紹介

Marketoの機能を紹介します。その他の機能やご質問等、お気軽にお問い合わせください。

スマートキャンペーン

「スマートキャンペーン」と呼ばれるMarketoのキャンペーン機能は、メール送信、スコアリング、リード育成など、あらゆる施策において使用されます。行動に応じたトリガーキャンペーン、定期的に利用するバッチキャンペーンなど、属性や行動に応じて細かいセグメント条件の設定が可能です。

イベントプログラム

招待メール、申込みフォーム、フォローアップメールなどを一覧のプログラム内に設定し、各種メール配信の日程などをカレンダーにて管理が可能です。また、プログラム単位で複製をすることで、繰り返し実施するセミナーやイベントのキャンペーン作成を効率的に行うことができます。

ナーチャリングプログラム

リード育成用のプログラムです。「ストリーム」とよばれる各フェーズごとに、メール配信などの施策をフローとして設定。リードの状況に応じてストリーム間を移動し、見込み度合いを高めていきます。

メール作成・配信

Marketoではマウスによるドラッグ&ドロップでメールを簡単に作成できます。また、トークンと呼ばれる差し替え機能により、効率的にパーソナライズ化したメールの作成も可能です。作成したメールは、メールプログラムや各キャンペーンにて配信。セグメントに応じた送信仕分けやA/Bテストなどの実施も可能です。

入力フォーム・ランディングページ作成機能

Marketoでは入力フォームとランディングページ(フォーム設置用のページ)を、マウスによるドラッグ&ドロップで簡単に作成できます。あらかじめ用意されたテンプレートをカスタマイズしたり、作成したページをテンプレート化して再利用も可能です。
ボタン一つでページ上の要素の表示・非表示を制御することができる「ガイド型テンプレート」と呼ばれる機能もあります。

プログレッシブプロファイリング

フォーム機能の一部です。リードの訪問回数に応じて段階的に入力項目を表示させることができます。

A/Bテスト

メール配信の条件やランディングページの表示要素など、異なるパターンをテストし効果測定をすることが可能です。

WEBトラッキング機能

サイトへの訪問、メール開封・クリック、フォームの送信など、リードのWEB上の行動をトラッキングする機能です。リードが匿名(メールアドレス取得前)の際でもトラッキングされ、リードの興味分野、見込み度を判断するうえで重要な機能です。

スコアリング

属性、行動、頻度などに応じて見込み度合いを点数化する機能です。複数商材や減点スコアにも対応しており、細かなセグメント条件での指定が可能です。

セグメント

属性、行動など、条件に応じてリードをセグメント分けする機能です。作成したセグメントによるメール配信の設定、ランディングページの表示切替が可能です。

SFA連携

CRMやSFAと連携することにより、見込み顧客の営業への引き渡し、所有者の割当、活動予定の作成などが可能です(※SFAの種類、ライセンスにより異なります)

アラート

リードからのフォーム送信、スコアの閾値超えなど、重要な場面において担当者にメール通知を実施する機能です。好機を逃さないタイムリーな対応が可能となります。

注目の出来事

メールの開封やフォームの送信など、リードの重要な行動を「注目の出来事」として設定することで、SFAのリード管理画面に反映が可能です。注目の出来事により、リードの行動を理解することで、営業担当者がリードの関心に合わせてアプローチすることが可能となります。

※SFA連携により使用可能となる機能。ライセンスにより使用数に制限があります。

レポート・アナライザ

プログラムの効果や収益を可視化するアナライザー機能、リードやキャンペーンのパフォーマンスを検証する各種レポートが揃っています。

その他の機能や詳細、ご不明点はお問い合わせください。

Marketoに関するご質問、お問い合わせ

お問い合わせ