ニュース&プレスリリース

HOMEニュース&プレスリリース > 新型コロナウイルス対策として、テレワーク推進・新規見込み顧客創出のためのSmartVisca特別支援を実施【7月31日(金)まで】

2020/05/08

  • ニュース
  • プレスリリース

新型コロナウイルス対策として、テレワーク推進・新規見込み顧客創出のためのSmartVisca特別支援を実施【7月31日(金)まで】



株式会社サンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小野裕之、以下サンブリッジ)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワークの推進・新規見込み顧客創出のため、SmartVisca導入時の特別支援を5月11日(月)~7月31日(金)の期間実施することを決定いたしました。

SmartVisca特別支援実施の背景とメッセージ

新型コロナウイルスの影響により、現在多くの企業様がテレワークの推進に取り組んでいらっしゃいます。

対面での接触が制限されるなかで、さまざまなイベントが開催中止や延期となり、新規見込み顧客の獲得が難しい現在の状況においては、過去に獲得したお客様とのつながりを再度見直し、非対面でのデジタルマーケティング施策への転換に取り組む企業様も増えていると伺っております。

この状況を受け、当社がご提供しております名刺管理クラウドソリューション「SmartVisca」導入の負担を下げることで、営業にお困りの企業様の課題解決に少しでも貢献できればという思いから、本決定をいたしました。

ささやかな支援ではございますが、この国難を皆さまと共に乗り越えていきたいと思っておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

SmartVisca特別支援の内容

SmartViscaプラン960以上の有償サービスを新規ご契約いただいたお客様を対象に、以下の支援サービスを提供いたします。

  • 初期名刺取り込み1,000枚分無償(10万円相当)
  • 初期費用半額(通常10万円→5万円)
  • オンライン操作説明会(60分×1回)の無償実施

※現在、弊社SmartViscaをご契約・ご利用中のお客様は対象外とさせていただきます。

■対象期間

2020年5月11日(月)~7月31日(金)

■適用条件

・上記対象期間中にSmartViscaプラン960以上の有償サービスを新規でご契約いただいたお客様

・以下のSalesforceライセンスをご契約中であること

-Sales Cloud、Service Cloud、Lightning Platform等
-SalesforceのエディションがEnterprise Edition以上

・システム連携用ライセンスとしてSalesforceプラットフォームライセンスを1つご準備いただけること

「SmartVisca」とは

SmartViscaはSalesforceの定着化と利活用を促進するSalesforce一体型の名刺活用クラウドソリューションです。

スキャナーやモバイルのカメラから取得した名刺情報を素早く正確にデジタル化して、Salesforceに取り込むことができ、営業やマーケティングに欠かせない正確なマスターデータベースの構築を支援いたします。

SmartViscaは現在450社以上の企業様にご利用いただいており、2018年度のAppExchange「2018年最も売れたAppExchangeアプリ」にて、大企業部門第1位、中小企業部門第2位に選ばれました。

サービスサイト:https://products.sunbridge.com/

お申込み方法について

以下の専用フォームよりお申し込みください。

https://info2.sunbridge.com/covid19_smartvisca_support.html

本件に関するお問い合わせ先

■サービス窓口

代表電話番号:03-5488-6008

お問い合わせフォーム:https://info2.sunbridge.com/web-inquiry-smartvisca.html

■メディア窓口

広報担当者:石川 遼彦(いしかわ はるひこ)

メールアドレス:pr@sunbridge.com

メールマガジンのご登録

最新のクラウドの動向やマーケティングオートメーション活用の情報などをお届けします。サンブリッジがお預かりした個人情報の取扱についてをご一読のうえご登録ください。