サンブリッジについて

HOME  > 会社情報 > サンブリッジについて

サンブリッジについて

サンブリッジは高度化・多様化が進む顧客のビジネス課題に対して、Salesforceに代表されるクラウドサービスを中心に、近年注目されている最新のIT技術を組み合わせてシステム構築を行う「ベスト・オブ・ブリード」というアプローチでソリューションを実現するプロフェッショナルサービス企業です。

日本における株式会社セールスフォース・ドットコム設立時からのコンサルティングパートナーとして、Salesforce導入・定着化支援を行う一方、マーケティングオートメーションを活用した業務コンサルティングやSalesforceのCRMプラットフォームやHerokuを活用した幅広いシステム開発サービスを提供しています。

近年は自社アプリケーションの開発販売に力を入れており、AppExchangeアプリケーション「SmartVisca」(Salesforce一体型名刺管理サービス)「aVisca」(Salesforce一体型オンラインアンケート)の開発・販売を行っており、コンサルティングビジネスとアプリケーション開発販売ビジネスの相互の事業シナジーを図っています。


サンブリッジ コーポレーションについて

株式会社サンブリッジは2012年10月に持株会社制に移行しました。2011年12月のサンブリッジ グローバルベンチャーズの分社に引き続き、株式会社サンブリッジはSalesforce関連ソリューションを中心としたクラウドソリューション事業を展開する事業会社となり、新たに持株会社としてサンブリッジ コーポレーションが設立されました。

サンブリッジ コーポレーションはグループ会社のマネジメントに加え、海外有力企業とのジョイント・ベンチャーベンチャー設立などの投資事業を行います。