ブログ

HOMEブログ > Dreamforce2019現地レポート Day3

2019/11/25

  • Salesforce
  • イベント・セミナーレポート

Dreamforce2019現地レポート Day3



全4日のイベントも後半に入りまして3日目の現地レポートです。(レポートを書いている今はもう最終日の早朝!)今日はなんと、第44代アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマ氏とマーク・ベニオフ氏の対談があったようです!

私は別のセッションを回っていたため見られませんでしたが、すごい数のSPがいたとかなんとか。
続いてデビッド・ベッカムの登壇もあったとかなんとか。
3日目にも関わらず相変わらず豪華なゲスト達です!

ここでご飯事情についてのレポートを少し。
基本的には一日中歩き回ることになるので朝食抜きは厳しいです。でも朝食は配っていないので自分で調達する必要があります。
早朝から開いているのはカフェくらいなので、カフェでサンドを買って食べるのが楽ちん。

ランチまでの間、各所でコーヒーを飲むことができます。

ランチは11:30から、各会場で弁当を配り始めます。会場によってメニューが違うので、あらかじめ各会場のランチコーナーでメニューを見ておくと食べたいものにありつけます。穴場なのは少し離れたNikko HotelかHilton Hotel。披露宴会場のような広間で座ってのんびりと食べることができます。メイン会場すぐ横のMetreonという建物内は1階がフードコートになっていて、エスニック、メキシカン、イタリアン、和食など国際色豊かなメニューが取り揃っています。
なんと言っても驚きなのが、数万人規模の参加者分のランチが4日間フリーで配っているということ。一人一食という制限もないので、食べようと思えば何人前でもご自由に。
ただし12:30頃には撤収が始まりますので、13:00にランチ会場に行っても何も残っていません!

午後は15:00頃から各所でコーヒーとスナック菓子が振る舞われます。
だいたいランチが重すぎて菓子にまでは食指が動きません。

それでは続いて、会場の歩き方レポートです。

サンブリッジの面々はほとんど別々に行動しています。たまに大きなkeynoteで一緒になるくらい。
今年の参加者が何万人になっているのかはわからないのですが、メインストリートを行き来する人の半数以上が参加バッジを付けているような状況、会場間の距離もあり偶然誰かと会うなんてことはなかなかありません。

IMG_0441

 

IMG_0533Keynoteは開場前からものすごい列ができます。前の方の席を取りたい場合は並ぶのかな?別に後ろの方でもモニターは見えますので、私は並びませんでしたけど!

IMG_0528 また、いろいろな会場で企業ブースやコンセプトブースが開かれています。ハンズオンワークショップなんかもあり、参加すると菓子やグッズがもらえます。

 

IMG_0477ブレイクアウトセッションは100~200名くらいの参加者で開催されています。講義形式ですので、途中でもいろいろな質問が飛び交ったり、聴衆同士のディスカッションが始まったりして、とてもエキサイティングです。

あと個人的に一番居心地が良かったのが中庭ライブ。
Moscone通りのステージでいろいろなバンドやグループが音楽を演奏しています。
私が通りかかったときちょうどカルテットのグループが演奏しており、リベルタンゴのカッコ良い響きに吸い寄せられて腰を下ろしたのですが、演目はクラシックだけではなく、マリオ64、ゼルダの伝説といったゲームの名曲をカルテットの生演奏で聴くことができ、ものすごくテンションが上がりました。
もちろんスタンディングオベーションで拍手を送りましたよ。あまりに熱心に拍手をしていたからか、となりで聴いていた参加者から「音楽好きなの?」と声をかけられ、しばらく音楽について話し込んでいました。

IMG_0531
以上、3日目の現地レポートをお伝えしました!

~営業支援や顧客管理にお悩みの方へ~
Salesforce導入支援のご紹介

サンブリッジでは、営業支援(SFA)や顧客管理(CRM)システムの代表であるSalesforceの導入・開発・運用支援を行っています。お客様の悩みに合わせて認定テクニカルアーキテクト率いる経験豊富なプロフェッショナルチームが業務改善をご支援します。

Salesforce導入支援 サービスの詳細について

関連記事

メールマガジンのご登録

最新のクラウドの動向やマーケティングオートメーション活用の情報などをお届けします。サンブリッジがお預かりした個人情報の取扱についてをご一読のうえご登録ください。

最新記事