名刺から手軽にはじめるDX

DX推進に不可欠な顧客管理の最初の一歩である名刺を
会社の資産として一元管理・共有・活用するソリューション

DX推進における成功のポイントは、顧客情報の一元管理・共有・活用です

重要な顧客情報である名刺で、最新の顧客データベースを維持できます

貴社の企業活動で、こんなお困りごと、悩みごとはありませんか?

顧客情報の管理が
社員任せになっている

営業活動で獲得した顧客情報が社内で共有されていない。顧客情報の管理もスプレッドシートや無料アプリなど社員によってバラバラ。

退職した社員が顧客情報を持ち出していた

無料名刺アプリの利用を黙認していたら、退職した社員が顧客情報を持ち出し取引先に営業していた事をクレームで知った。

営業の活動や潜在顧客を見える化したい

現時点の商談や過去に取引のある顧客の情報しか把握できていない。自社の潜在顧客がどのくらいあるのかがわからない。

ガバナンスと並行してDXを推進したい

組織の成長に伴いDXの推進を実行している一方で、顧客からの要望によりガバナンスとコンプライアンスを強化する必要がある。

名刺管理から手軽にはじめるDX 
顧客データベースの構築と営業活動の見える化から顧客管理の第一歩を

SmartVisca資料3点セット

SmartViscaのことが丸わかり!
人気の3つの資料をまとめてダウンロードいただけます。

名刺を取り込むだけで顧客データベースの構築をSmartViscaが実現します

Point 1

顧客登録に手入力はもう不要!
オンラインもオフラインもSmartViscaひとつでOK

モバイルやスキャナーから取り込んだ名刺を世界最高水準の精度とスピードを誇るAI-OCRがわずか1分でデジタル化。精度を求めるお客様にはオペレーターによる入力校正もご用意しています。
オンライン上でのデジタル名刺交換にも対応しており、複数人のプロフィール情報もURLで簡単送信。相手の返信もスマートフォンから名刺を読み取るだけ。
営業活動で最も重要な顧客情報を手軽に、素早く、簡単に登録・共有・活用することが可能になります。

外出先でも、スマートフォンで名刺スキャン
展示会での大量の名刺も、スキャナで一斉登録
WEB会議でも気軽にオンライン名刺交換
名刺もデジタル名刺もSmartViscaで一元管理
名刺から取引先や取引先責任者を簡単登録
自動で顧客情報を更新して手間を大きく削減
Point 2

取り込んだ名刺情報はすぐSmartViscaのデータベースに格納。取引先マスターデータの更新も簡単に。

取得した名刺やデジタル名刺のレコード情報を個別または複数選択して一括で処理が可能。すでに既存のレコードが存在すれば候補を自動で検索してきて上書き、既存レコードがなければ新規作成という理想的な処理を精度高く、簡単なステップで実行できます。あらかじめ設定した条件で登録・更新処理を自動化することで、煩わしいデータ更新の手間を大幅に削減できます。
SmartViscaはSalesforce Platformで構築されているから、名刺管理の先にある顧客データのマーケティング活用、商談管理、売上予測の活用へとステップアップも可能です。

Point 3

紙の名刺もデジタル名刺も同僚の連絡先もクラウド連絡帳で一元管理。

見やすく、探しやすい、使いやすさにこだわったユーザーインタフェース。人物の検索も簡単にでき、リモートワークが多くなっても、顧客や従業員にすぐにコンタクトできます。
顧客のプロフィールも社内メンバーとの過去のつながりも一覧で閲覧でき、電話やメール、活動登録などのアクションがすぐに可能です。
タグやキャンペーンによる自由なグルーピング、組織図自動生成、自動名寄せなど、便利な機能が標準でご利用いただけます。

メールや電話などのアクションもワンクリック
顧客と社員のつながりをビジネスで活用
部署情報をもとに取引先の組織図を自動生成
マーケティングに活かせるデータを自動付与
人事異動オプションで、役職情報を自動更新
いきなりの着信でも、お客様情報を自動表示
Point 4

営業・マーケティング活動に役立つオプション連携も充実

国内820万拠点のデータを保有する法人情報データベースと連携して拠点単位で高度な名寄せを実現するランドスケイプしゃの「入力校正サービス」および「メール署名かんたん登録」との連携や、日経の人事異動情報をもとに取引先責任者を最新の状態に更新することができる「人事異動情報サービス powered by NIKKEI」、SmartViscaに登録されている顧客や社員から着信があった際に会社名や名前を表示する「SmartVisca Connect」など、営業活動やマーケティング施策に役立つ様々な機能をご用意しています。

SmartVisca 機能ご紹介資料

SmartVisca機能のご紹介

SmartViscaの機能を詳しくわかりやすく一冊にまとめました。

お客様の声

株式会社ウィルゲート吉岡 諒さま
株式会社ウィルゲート
吉岡 諒さま
他社名刺管理からのリプレイスによって費用が1/4に。Salesforceへの情報一元化も実現しました。

SmartViscaを採用後、名刺管理にかかるランニングコストが4分の1以下になりました。
また、SmartViscaは取り込んだ名刺をすぐに取引先/取引先責任者に連携できる強みがあり、かねてより目指していたSalesforceでの情報一元化を達成することが出来ました。

株式会社ROBOT PAYMENT 塚越 裕太さま
株式会社ROBOT PAYMENT
塚越 裕太さま
SmartViscaを選択した理由はSalesforceとの親和性の高さ。正確性、迅速性も高く評価しています。

手作業で名刺の情報を入れていた時は、名前、会社名、メールアドレスなど最低限の項目しか入力されないことも多かったです。
SmartViscaなら全ての名刺で詳細かつ正確な情報が登録される。これができて始めて、マーケティングや営業活動で正しい顧客情報の扱いが可能になったのです。

アデコ株式会社 斎藤 美央さま
アデコ株式会社
斎藤 美央さま
Salesforceの入力負荷削減を高く評価しSmartViscaを採用。実際に年間4200時間の営業工数削減に成功しました

当初はSalesforceに手入力をしていましたが、データの重複や入力項目の抜け漏れが数多く発生していました。SmartVisca導入後はその工数が大幅に削減されただけでなく、顧客情報が正確にSalesforceに入力され、部署や役職で絞ったターゲティングメールの配信も実現しました。

ネオス株式会社 佐藤 夕佳さま
ネオス株式会社
佐藤 夕佳さま
膨大な時間がかかる顧客データクレンジングの手間が、SmartViscaの導入によってゼロに。

過去に利用していたサービスでは、名刺のデジタル化/データクレンジングに非常に大きな苦労をしていました。
SmartViscaなら正確なデータをSalesforceの取引先責任者に自動で連携できるため、Salesforceの運用負担を大きく削減しています。

名刺の活用が進んだら本格的な顧客データの活用にステップアップ!
SmartViscaはSalesforce Platformだから、
顧客管理からマーケティングオートメーション連携まで様々な機能拡張が可能!

Sales Cloudライセンスで
本格的な顧客管理を開始

SmartViscaは世界No. 1 CRMであるSalesforceのプラットフォームで構築されています。対面やオンラインで獲得した名刺で構築した顧客データベースを本格的な商談管理や顧客管理を活用できる環境にスムーズに移行することが可能です。

Pardotと連携して名刺で獲得した見込客へのマーケティングを実行

営業活動に加えイベントやセミナーで獲得した名刺による見込客の顧客データを、マーケティングオートメーションツールのPardotに連携。企業規模や業種などのセグメントに応じたデジタルマーケティングに活用する事が可能です。

AppExchangeアプリケーションとの連携でビジネスを加速

Salesforceが提供する世界最高水準のビジネスアプリのマーケットプレイスであるAppExchangeの300種類以上にもおよぶ様々な業務向けのアプリケーションと連携する事で、お客様業務に最適な機能を拡張することが可能になります。

ご利用料金

ライセンス数によって柔軟にプランをご用意しております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

初期費用 0円
+
月額費用
1,300円 / ID
(ユーザーライセンス x 人数分)

含まれる機能

名刺デジタル化対応 AI-OCR処理のみ
名刺管理 プロフィール/リスト管理等含む
オンライン名刺交換 URL/QRコード発行・共有等
クラウド連絡帳 社内・社外連絡先管理などクラウド連絡帳機能
顧客管理 取引先・取引先責任者管理機能
活動管理 行動/ToDo/活動予定の登録・管理機能
Salesforce連携登録 自動名寄せ/手動・自動連携機能
  • 5ライセンス~からのご契約となります
  • サポート(運用保守)費用含んでおります
  • 別途、連携ライセンスが1組織に1ライセンス必要です(1,300円/ライセンス)

オプション費用

期間の制限はなく、1年以内に使い切らない場合は、翌年に持ち越す、取り込みの多い時期は追加するなど、柔軟にコストの調整がしやすくなっております。

オペレーター校正
(手書きメモ対応)
デジタル化された名刺データーをオペレーターがチェックします。名刺の手書きメモのデジタル化にも対応。
40円/枚

よくある質問

名刺の読み取り精度はどのくらいでしょうか?
AI-OCRによる読み取り精度は約90%です。 オペレーターによる校正(有償オプション)の場合は、ほぼ100%の精度でデジタル化されます。
名刺の読み取りから納品までの時間はどのくらいでしょうか?
OCRによる納品は約1分程度、オペレーター校正による納品(有償オプション)は、最長1営業日半となっております。
読み込んだ名刺データはどこに保存されますか?
Salesforce Platformで構築されたSmartViscaのクラウド環境上に保存されます。
堅牢なSalesforceのクラウド環境以外にデータが残ることはありませんので、安全なデータ管理を実現できます。
他社からの乗り換えでデータをインポートすることは可能でしょうか。最初に大量に名刺を取り込む必要がある場合、どうしたら良いでしょうか?
はい、CSVデータのインポートが可能です。初回に大量の名刺取込をご希望のお客様には初回取り込みプランを用意しておりますので、利用開始時の名刺取り込みはこちらのプランをご利用ください。
初期費用はかかりますか?
いいえ、初期費用はかかりません。