比較検討

SmartViscaの特徴や他社製品との違いをご説明します。

SmartViscaの5つの特長

  • 世界シェアNo1.のCRMであるSalesforceプラットフォーム一体型
  • 高精度AI-OCRの採用により名刺のデジタル化が1分で完了。手書きメモ入力にも対応したオペレーター入力校正もオプションでご提供。
  • オンライン名刺交換機能で、パソコンやモバイルからでも名刺交換がスムーズに
  • 初期費用0円。Salesforce連携の追加費用も不要で利用しやすい価格体系
  • Salesforce導入済みの企業はもちろん、未導入でもご利用が可能

無料ツールとの比較

一般的な名刺管理の無料ツールには以下のようなリスク・課題が潜んでいます。

  • 会社の資産である顧客情報が組織に共有されない。
  • OCR処理だけではデジタル化精度に課題があり、情報が正確でない
  • 獲得した個人情報をその後のマーケティング・営業活動に活かすことができない
  • 個人情報の取り扱いについてコンプライアンス上のリスクが高い
SmartVisca A社
モバイルカメラによる名刺スキャン radio_button_unchecked
スキャナーでの一括取込み radio_button_unchecked
OCRデジタル化処理 radio_button_unchecked
オペレーター入力校正 radio_button_unchecked
(有料オプション)
×
オンライン名刺交換機能 radio_button_unchecked ×
CRM(顧客管理)機能 adjust
(Salesforce一体型)
×
組織内共有 radio_button_unchecked
活動登録 radio_button_unchecked ×
組織図作成 radio_button_unchecked ×
初期費用 0円 / 無料 0円 / 無料
月額費用 1300円 / ID
(複数プランあり)
0円 / 無料

SmartViscaは企業の名刺管理・顧客管理に必要な機能を備えています

名刺をビジネスに活かすならSmartVisca

SmartViscaは世界シェアNo.1のCRMであるSalesforce一体型のため、獲得した顧客情報を会社やチームで共有し、マーケティングや営業などのビジネスで活かすことが可能です。Salesforceが連携できるアプリケーションは4,000以上。必要な機能を必要なだけ、どこまでも拡張することができ、貴社ビジネスのDXを強力に推進します。

SmartVisca ROI

SmartVisca導入の
費用対効果ガイドブック

資料をダウンロード
Salesforceユーザーのための名刺管理ツール選定6つのポイント

Salesforceユーザーのための
名刺管理ツール選定ポイントをまとめました

比較資料をダウンロード

法人向け有料ツールとの比較

SmartViscaは法人向けに必要な名刺管理の機能をすべて備え、ご利用しやすい価格で提供しています。世界最高水準のセキュリティと機能を備えたSalesforce一体型のため、CRM機能との親和性も高く、連携費用も永久に無料です。Salesforceを未導入の企業様でもご利用いただけます。

SmartVisca B社
モバイルカメラによる名刺スキャン radio_button_unchecked
スキャナーでの一括取込み radio_button_unchecked
OCRデジタル化処理 radio_button_unchecked
オペレーター入力校正 radio_button_unchecked
(有料オプション)

(標準機能に含む)
オンライン名刺交換機能 radio_button_unchecked
タグ機能 radio_button_unchecked
CRM(顧客管理)機能 adjust
(Salesforce一体型)

(独自CRM)
Salesforce連携(手動登録) 0円 / 無料 有料オプション
Salesforce連携(自動登録) 0円 / 無料 有料オプション
Salesforceキャンペーン連携 radio_button_unchecked ×
モバイルアプリ Salesforceアプリを利用 独自アプリ
初期費用 0円 / 無料 10万円
月額費用 1300円 / ID
(複数プランあり)
非公開

料金シミュレーション

(例)ユーザー30名、名刺デジタル化枚数 約500枚/月で利用の場合

SmartVisca B社
サービス利用料(年間) 48.3万円 200〜600万円
入力校正サービス利用料 24万円 0円 ※1
連携用ライセンス 1.56万円 108万円
Salesforce連携利用料 0円 ※1 288万円
人事異動情報サービス利用料 97.5万円
(有料オプション)
0円 ※1
合計 約170万円 約596万円~996万円

(※1:標準機能に含む)

SmartViscaと比較し、他社製品では3.5~6.9倍の金額に

価格と機能の最適なバランス

SmartViscaは初期費用0円、Salesforceの連携は別途費用なし(標準機能に含む)など、法人向け名刺管理に必要な機能を備えながら、シンプルで柔軟な料金体系になっています。名刺のデジタル化やオンライン名刺交換を使い、顧客データを活用したいという企業様や、名刺データをSalesforceに連携したいという企業様のご利用が多く、機能とコストのバランスが良い点を高く評価をいただいています。

SmartVisca ROI

SmartVisca導入の
費用対効果ガイドブック

資料をダウンロード
Salesforceユーザーのための名刺管理ツール選定6つのポイント

Salesforceユーザーのための
名刺管理ツール選定ポイントをまとめました

比較資料をダウンロード

SmartViscaが選ばれる理由

価格と機能のちょうど良いバランス

SmartViscaは、名刺のデジタル化やオンライン名刺交換、名寄せ機能や検索、CRM連携など、顧客データとして名刺を管理するために必要な機能を標準で備えています。また、初期費用やSalesforce連携費用がかからないうえ、オペレーター校正は期間無制限のオプションとして提供しており、使わない分は翌年に持ち越せるなどコスト調整がしやすくなっています。
最適な機能と柔軟な料金プランにより、機能と価格のバランスが良いという点がお客様に支持されています。

対面もオンラインも、社内も社外も一つのツールで

紙名刺のデジタル化だけでなく、オンライン名刺交換も標準機能としてご提供しており、紙名刺とオンライン名刺で管理が分かれることなく運用いただけます。また、展示会の参加者リストなど、CSVファイルのアップロードにも対応しており、紙、オンライ名刺、CSVファイルとあらゆる型式の顧客データをSmartViscaを入口に取り込むことができます。
取り込んだ顧客データはSmartViscaのクラウド連絡帳で管理。顧客とあわせて従業員データも一つの連絡帳に登録され、社内/社外のタブにより切り替えが可能です。顧客や同僚を検索したり、電話やメールでのやり取りをモバイルから行ったりと、あらゆるビジネスシーンに活用できます。

世界シェアNo1.CRMであるSalesforce一体型ツール

SmartViscaは、CRM(顧客管理システム)として世界シェアNo1.であるSalesforceをプラットフォームとして利用しており、以下ようなメリットがあります。

取り込んだ顧客データをCRMに活用

SmartViscaは単に名刺をデジタル化して終わりではなく、取り込んだデータをCRM(Salesforce)の顧客データとして登録することで、本来の名刺管理の目的である営業活動やマーケティング施策へ活用することができます。

名刺を起点としたDXを実現

SalesforceのCRM機能を中心としたさまざまな標準機能の利用が可能なだけでなく、商談管理やマーケティングオートメーション連携などの拡張も容易です。勤怠管理や請求管理をはじめ、世界最大級の4,000以上もの連携アプリケーションが提供されており、業務にあわせたIT活用を実現できます。

リーズナブルで柔軟な料金プラン

初期費用0円、 Salesforce連携のための追加費用も不要で、ユーザー課金とシンプルでご利用しやすい料金体系です。
最低契約数も5ライセンスからと少人数での利用開始が可能となってります。
オペレーション校正はオプションでのご提供のため、ご予算・ご要望に合わせて柔軟に利用できる料金プランとなっています。

世界標準の安全なセキュリティ

SmartVisaはSalesforce一体型のため、保存したデータはSalesforceの世界標準の堅牢なセキュリティのもとに管理されます。
取り込んだデータは、SSL/TLSで暗号化したデータを校正用サーバーに送信され、取り込みの際に使用したモバイルやPCの端末に、送信した画像データのログ履歴が一切残らない仕様になっています。

Salesforce導入企業におすすめの理由

Salesforceにログインするだけ。別途IDやアプリケーションは不要

パソコン・モバイル共にSalesforceにログインするだけでSmartViscaの使用が可能のため、別途ログインIDやモバイルアプリは必要ありません。

取引先、取引先責任者、リードへの簡単登録・更新

取得した名刺やデジタル名刺のレコード情報を個別または複数選択して一括でSalesforceの取引先や取引先責任者として登録が可能です。高度な名寄せ機能により、既存のレコードの有無を判定して上書きまたは新規作成という処理を、手動または自動で実行できます。

活動情報など、顧客に紐づいたデータが分散されず、二重管理を防止

取り込んだ名刺や顧客情報は、Salesforce上に保存され一元管理されます。名刺データと顧客データで顧客情報が分散されてしまったり、二重管理になるといったことがありません。

社内のセキュリティ審査もスムーズに

個人情報を扱う名刺ツールを導入する際、自社の基準にあわせてセキュリティ審査を通ることが必要となります。
SmartViscaはSaleforceプラットフォーム上にデータを保存するため、すでにSalesforceをお使いの企業の場合、審査にかかる期間などが通常よりも短縮されます。

スムーズな導入と社内への定着化をサポート

導入した後もしっかりと定着・活用ができるように、初期設定支援や操作説明会、活用支援まで充実のサポート体制をご用意しております。これまで1,000社以上のSalesforce導入・運用を支援してきた知見を活かし、Salesforceの特徴などもふまえながら活用のご支援をいたします。

トライアルや製品に関するご質問・お見積もりなどお気軽にご相談ください。

03-5488-6004

(平日10:00〜18:00)