名刺のデジタル化 

展示会や営業活動で獲得した紙の名刺やCSVデータを手軽かつ素早く取り込み顧客接点の創出・フォローの機会を逃しません

名刺の読みとりから保存まで

大量名刺の一括スキャンから外出先でのモバイル読み取りまで名刺を即日データ化

スキャナで読み取る

スキャナでは一度に大量の名刺を高速スキャンできます。
読み込んだ名刺はタブレット上で確認します。

スキャナは市販のスキャナをご購入いただきます。(ご購入時の実費のみで、リース代などはかかりません。)
対応しているスキャナについては、ページ末尾動作環境をご覧ください。

モバイルで読み取る

SalesforceのアプリからSmartViscaを開き、モバイルのカメラで撮影を行います。
SmartViscaはSalesforce一体型のため、別途専用のアプリやIDは不要です。

メモやタグなど付加情報を追加する

スキャンで取り込んだ名刺は、必要に応じて、メモを追加したり、タグを付与したりすることができます。

モバイルでも同様に、撮影した名刺にタグやメモを追加することができます。

画面で読み取り結果を確認し、問題なければ「送信」ボタンを押して登録作業は完了です。

高性能AI-OCRにより1分で送信完了

約1分でデータ登録が完了します。名刺の読み取りには、世界最高水準の認識精度を誇るAI-OCRを採用しており、高速かつ高品質の読み取りを実現します。

オペレーター校正と手書きメモのデジタル化(有償オプション)

OCRの読み取り以外に、オペレーター校正もご利用できます(有償オプション)。オペレーター校正では、人手によるデータの確認・補正により、ほぼ 100% のデータ精度で納品をで完了します(最長1営業日半)。

また、名刺に書かれた手書きメモもオペレーターによりデジタル化されるため、商談やイベントの際に名刺に書き込んだメモなども、貴重なデータとして保存することが可能です。

取り込んだ名刺情報はクラウド連絡帳で共有

取り込んだ名刺はSalesforce上のSmartVisca内で保存されます。

社外タブの一覧で取り込んだ名刺の履歴管理がされ、最新の名刺や納品状態の確認、詳細な顧客の検索やタグ・キャンペーン付与によるグルーピングが可能です。

SmartViscaの利用イメージを動画でご紹介

スキャナの取り込みやモバイルでの撮影、取り込み後の画面などを動画で確認いただけます。

 

SmartViscaの名刺デジタル化の特徴

タグやキャンペーン付与機能によりグルーピングも簡単

名刺の取り込時に自由に「タグ」を付与したり、Salesforceのキャンペーンのメンバーとして紐づけたりなどが可能です。
「タグ」は社内で共有することができ、顧客を後から検索したり、グループに分類したりするために活用できます。

キャンペーンメンバーとの紐づけでは、キャンペーンごとに顧客をグルーピングするだけでなく、顧客との接点をキャンペーンにより管理したり、営業やマーケティング施策の評価を行なったりと、獲得した名刺データをさまざまな目的に活用することができます。

名刺と顧客データを一元管理

SmartViscaはSalesforce一体型のため、デジタル化された名刺は、貴社のSalesforce環境に保存されます。
別途、名刺サーバーにデータが残ることがないため、顧客データが分散されることなく、顧客に紐づく情報はすべてSalesforce上で一元管理されます。

※Salesforce未導入のお客様もSmartViscaはご利用いただけます。

強固なセキュリティ

名刺データは世界15万社以上が導入するSalesforceの世界標準の高いセキュリティ規格に準拠した、お客様のSalesforce環境のみで管理・運用されます。(保存されるオペレーター校正済みのデータも61日経過後には自動的に削除されます。)

データ通信の暗号化

SSL/TLSで暗号化したデータを校正用サーバーに送信。取り込みの際に使用したモバイルやPCの端末に、送信した画像データのログ履歴が一切残らない仕様になっているので安心してご利用いただけます。

漏洩防止の運用フロー
オペレータによる校正では、名前、メール、アドレス、会社情報を個人として特定されない形に画像分割し、入力校正/デジタル化を実施。人による情報漏洩のリスクを防ぎます。

プライバシーマーク/ISMS認証取得
個人情報について適切な保護措置を行う事業者に付与される「プライバシーマーク」や、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格であるISO27001の認証取得など、サンブリッジでは公的機関の認証取得を通してセキュリティ対策に取り組んでいます。

Salesforceへ取引先や取引先責任者を簡単登録・更新

SmartViscaに取り込まれたデータは、Salesforceのリードや取引先責任者へ簡単に登録・更新が可能です。
名刺をもとにした正確な情報で顧客データの構築や上書きをすることで、データの表記ゆれや重複を防ぎ、日々の営業活動や商談情報と紐づけた活用ができます。

SmartVisca 機能ご紹介資料

SmartVisca機能のご紹介

SmartViscaの機能を詳しくわかりやすく一冊にまとめました。

動作環境

名刺をデジタル化するためのスキャナおよびSmartViscaの動作環境は以下の通りです。

【PC/モバイル】

PC、モバイル共にSalesforce の動作環境に準じます。詳しくは以下Salesforceの公式サイトをご覧ください。

⇒ サポートされるブラウザおよびデバイス

【ScanApp-for-Androidの動作環境】

名刺をスキャナーで取り込みするために使用するScanApp for Androidの動作環境は以下です。

Androidタブレット:
市販のAndroidタブレットをご用意ください。

Android OS:
動作確認済み OS は Android 9とAndroid 10でございます。
※ Android11は動作保証外となります。

【使用可能なスキャナについて】

・Androidアプリの「ScanSnap Connect Application」に対応している機種であれば使用可能です。
※「ScanSnap Connect Application」については、以下のサイトをご覧ください。

⇒ Google Play アプリのサイトへ

【対応言語】

– 日本語、英語は対応可
– 中国語はベストエフォート(通常入力できる語のみ対応)
– その他言語は対応不可

【Salesforce のエディション】(Salesforce導入済みのお客様)

・Enterprise, Unlimited

SmartVisca 機能ご紹介資料

SmartVisca機能のご紹介

SmartViscaの機能を詳しくわかりやすく一冊にまとめました。

トライアルや製品に関するご質問・お見積もりなどお気軽にご相談ください。

03-5488-6004

(平日10:00〜18:00)