クラウド連絡帳

顧客も社員もすべてクラウド連絡帳で一元管理。

クラウド連絡帳とは

クラウド連絡帳とは、紙名刺やオンライン名刺で獲得した顧客の情報や社員の連絡先をクラウドで一元管理し、社内全体で共有やコミュニケーションが簡単にできるサービスです。

登録できるデータは、取引先の社名、所在地、顧客の氏名、部署、役職、電話番号、メールアドレスのほか、社員の氏名や部署、電話やメールアドレスなど多義にわたります。
その他、固有のラベル(タグ)を付与したり、メモを追加することで、属性情報だけに留まらない貴重な顧客データを保存することができます。
履歴管理により常に最新の顧客データが保持されるため、クラウド連絡帳があれば、個人でモバイルのアドレス帳や社員名簿へ登録や更新をする手間なく、社内外とのメールや電話でのやりとりをスムーズに行うことができます。

顧客データの管理から社内とのやりとりまで 日々の業務によくある課題

リモートワークで顧客や社員
と連絡がとりづらい

顧客の情報が更新されておらず
電話ができない

貰った名刺を会社に忘れて
連絡先がわからない

A社と社内の誰が
接点があったか思い出せない

同僚Aが退職後、担当顧客の
連絡先がわからない

会社携帯に誰から着信が
あったかわからない

顧客データの共有や検索、社内外のコミュニケーションがクラウド連絡帳一つで完結

~ 顧客や社員のメールや電話すべてを集約 ~

クラウド連絡帳なら顧客も社員もタブの切り替えで簡単に検索し、モバイルからメールや電話で連絡ができます。
他の社員が登録した顧客も共有されるため、わざわざアドレス帳に登録する必要はありません。

【社外(顧客)一覧および詳細画面】

【社内(従業員)一覧および詳細画面】
複数名を選択し、一括でメール送信も可能

~ 人物に特化した名寄せ機能と履歴管理で最新の名刺も一目で判別 ~

最新の名刺管理

時系列に名刺交換履歴を表示。アイコンによって最新の名刺かどうかも一目でわかります。
(※古い名刺を取り込む際には、最新の名刺としない指定をすることも可能です)

自動名寄せ

姓名とメールアドレスと最新の名刺を比較し、同一人物と判断された紙の名刺やデジタル名刺を自動で名寄せします。

SmartVisca 機能ご紹介資料

SmartVisca機能のご紹介

SmartViscaの機能を詳しくわかりやすく一冊にまとめました。

~ タグ付与機能でグルーピングや検索が簡単に ~

タグ付与機能

「タグ付与」機能とは、顧客データに「タグ」というラベルを付けることができる機能です。いろいろな目的で付箋を貼るような感覚で使うことができます。パソコンやモバイルから名刺を取り込んだ際にタグを付与することはもちろん、取込み後の顧客データにタグの追加や変更・削除が可能です。任意のタグを付与することで検索がしやすくなるだけでなく、顧客を特定の条件で絞り込んだり分類したりすることも可能です。

タグには「共有タグ」と「個人タグ」があり、用途に応じて使い分けられます。

【タグ追加画面】
複数名を選択し、一括でタグを付与することも可能

個人タグ

個人で自由に使えるタグです。出身地や趣味など、自分だけの気づきや印として使うことができます。(作成上限:1 ユーザーにつき500個まで)

共有タグ

社内で共通して使えるです。社内で決めた業界区分や見込度ランク、キーマンなどさまざまな使い方が可能です。 管理者が作成することで、組織内のユーザー全員が利用することができます(作成上限:1000個まで)。
また、タグをグループに分けて仕分けを行うことも可能です。

メモ機能

タグ以外にも、気づいたことや付加情報は、「メモ」欄に残しておくことができます。メモ情報は、名刺の取り込み時だけでなく、取り込んだ後でも追加や更新が可能です。

名刺に直接書きこんだ文字も「手書きメモ」としてデータ化することができるため、名刺を交換したその場の気づきも、貴重な顧客データとして保存ができます(有償のオペレーター入力校正のみで対応)。

~社内メンバーや顧客同士のつながりを一目で把握~

人脈可視化(つながり)

紙名刺・オンライン名刺問わず、同一人物の名刺を取得した社内のメンバーは、名刺取得履歴に表示されます。
過去に交換した名刺が自動的に名寄せされ、社内とのつながりやタッチポイントを時系列に確認ができます。

従業員の一覧から各詳細画面を開き、メンバーごとに所有している名刺を見ることも可能です。

組織情報

顧客の詳細画面では、登録済みの部署情報を基に、自動的に取引先の組織図が生成・表示されます。

SmartVisca 機能ご紹介資料

SmartVisca機能のご紹介

SmartViscaの機能を詳しくわかりやすく一冊にまとめました。

~フリーワードや複数の検索オプションで探したい顧客がすぐに見つかる~

高度な条件検索

企業・人物検索に特化した検索機能により、氏名や会社での検索はもちろん、住所、部門、役職など名刺に含まれる情報の他、タグ、メモの内容、紐づいているキャンペーンまで、あらゆる条件で顧客を検索できます。

検索窓を使って自由にキーワード検索もできるほか、複数条件指定の検索も簡単に行えます。

【社外(顧客)詳細検索画面】

【社内(社員)詳細検索画面】

~着信時に相手先を表示。大事な電話もすぐに対応~

電話着信通知表示

モバイルのアドレス帳に登録されていなくても、クラウド連絡帳に登録済みの社外・社内の人物から着信があった際、モバイル上に相手先の社名や氏名が表示されます。

~Salesforceのプラットフォームで顧客データを保護~

社内のアクセス権限設定も可能

世界中で使われているSalesforceのプラットフォームを利用しているため、高い基準を満たした強固なセキュリティのもとで顧客情報が管理されます。

また、Salesforceの権限設定の機能により、社内でも顧客データのアクセス権を制御できます。例えば、特定の部署の顧客データは他部署には共有しない、経営層が管理する名刺は部下に表示させないなど、必要に応じてアクセス権を設定することも可能です。

SmartVisca 機能ご紹介資料

SmartVisca機能のご紹介

SmartViscaの機能を詳しくわかりやすく一冊にまとめました。

トライアルや製品に関するご質問・お見積もりなどお気軽にご相談ください。

03-5488-6004

(平日10:00〜18:00)