営業・マーケティング活動を加速する
名刺管理&顧客データマネジメントソリューション

マーケティングオートメーションやSFAと統合された名刺ソリューションによりお客様のビジネスを加速する顧客データマネジメントを実現します

名刺管理/データマネージメントソリューション

HOMEソリューション > 名刺管理/データマネージメントソリューション

名刺管理/データマネージメントソリューション

日本のビジネスシーンにおいて、名刺は重要なコンタクト情報であることに説明の余地はありません。しかし、名刺をデジタル化して社内で共有しても、その後の活用が単なる一括メール配信や営業個人の活動に依存するようではあまり意味がありません。
名刺で獲得した顧客情報は、マーケティングオートメーションやSalesforceで活用することで、リードから取引先として商談化するまでのプロセスを可視化でき、ステージごとに最適な施策を実行することが可能になるのです。
サンブリッジはマーケティングオートメーションやSFAと統合された名刺ソリューションによりお客様のビジネスを加速する顧客データマネジメントを実現します。

営業向け名刺管理ソリューション

  • まずは名刺管理から:SmartVisca + Salesforce
  • 外回り営業の効率化:SmartVisca + フィールドセールス向けアプリ(地図情報連携)

マーケティング向け名刺ソリューション

  • Marketo+LeadVisca+ BIダッシュボード(インサイドセールスダッシュボード)
  • マーケティングオートメーション+Salesforce & SmartVisca連携ソリューション

営業向け名刺管理ソリューション

・まずは名刺管理から:SmartVisca + Salesforce

名刺管理の自社導入を検討する場合に単独の名刺管理ツールに目が向きがちですが、名刺をただ漠然とデジタル化して管理するだけで本当に良いのでしょうか?

将来的にSFA(営業支援システム)の活用を検討しているのであれば、SFA/CRMの世界実績No.1のSalesforceに名刺をどんどん取り込んでみてはいかがでしょう?

SFAで活用する情報がSalesforceに蓄積されていれば、営業活動管理や商談管理を利用したい時に、すぐにSalesforceの営業支援機能の恩恵を受けることが可能になります。

単体の名刺管理と比較しても十分にコストメリットがあることに加えて、Salesforceに名刺情報が格納されますので将来的なSFA活用を視野に入れたの場合に、名刺管理ツールからSalesforceへのデータ移行の手間は発生せずスムーズに拡張が可能です。

・外回り営業の効率化:SmartVisca + フィールドセールス向けアプリ(地図情報連携)

営業担当者にとってスマートフォンやタブレットなどのモバイルツールは重要な仕事の道具になっています。Salesforce1に対応したSmartViscaであれば、何時でもどこでもSalesforceに格納された名刺情報を検索・閲覧して日々の営業活動に利用ができます。

さらにAppExchangeで各社から提供されているフィールドセールス向けモバイルアプリと連携すれば名刺の住所情報から所在地を確認など、地図情報と連携した効率の良いフィールドセールス活動が可能になります。

ビジネス相関図を用いた問題整理・課題設定イメージ

マーケティング向け名刺ソリューション

・Marketo+LeadVisca+ BIダッシュボード(インサイドセールスダッシュボード)

マーケティング担当者にとっての悩みの一つはオフラインのイベントで獲得したリードにもオンラインで獲得したリード同様にタイムリーなマーケティング施策を実行したいということです。

サンブリッジの名刺デジタル化ソリューションは、名刺の取込後、約1営業日(最大3,000枚を想定)でSalesforceやマーケティングオートメーションのデータベースに格納されるため、すぐにマーケティング活動に名刺情報を利用することが可能になります。

名刺情報から取得した企業情報や役職などの属性情報とマーケティングオートメーションで取得したリードの行動情報をBIダッシュボードで分析。特にウイングアーク社のMotionBoard Cloudで用意されているインサイドセールスダッシュボードを利用すれば対象のリードにどのようなタイミングでコンタクトをすべきかの指標を知ることが可能になります。

マーケティングシナリオ例

・マーケティングオートメーション+Salesforce & SmartVisca連携ソリューション

マーケティング活動の結果、リードがどのように商談化したのかまでを可視化したいならば、Salesforceとの連携は必須です。

プログラム・フロー図のイメージ

さらにSalesforce一体型名刺管理を活用すれば、Webサイトの入力フォームから時に紛れ込む不正確なリード情報の更新に対しても、Salesforce内のカスタムオブジェクトに格納されている名刺情報がバックアップとなるため、リード情報をある程度一定の品質に保つことが可能になります。


当社のご提供クラウドサービス

事例・ケーススタディ

社会システムの重要なインフラのひとつである物流

社会システムの重要なインフラのひとつである物流を支えるレンタルパレット。複数の企業間でのパレットの共同利用を推進する同社では、内勤および外勤営業担当者の円滑なコミュニケーションを実現するための取り組みとしてSalesforceを導入、サンブリッジの名刺管理サービス「SmartVisca(スマートビスカ)」も採用した。

詳細を見る >

おすすめコンテンツ

SmartVisca(スマートビスカ)製品紹介ムービー

SmartVisca(スマートビスカ)製品紹介ムービー

【ホワイトペーパー】Marketoユーザーのための名刺管理サービス選定のポイント

【ホワイトペーパー】Marketoユーザーのための名刺管理サービス選定のポイント

【ホワイトペーパー】名刺を営業・マーケティングに活用するためにSalesforceとSmartViscaを選ぶ理由

【ホワイトペーパー】名刺を営業・マーケティングに活用するためにSalesforceとSmartViscaを選ぶ理由

ご利用料金

お客様のご要望をヒアリングしたうえで、最適な価格をご提示させていただきます。
設計のみ、実装のみのご支援等も承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

名刺管理/データマネージメントソリューションに関するご質問、お問い合わせ

お問い合わせ