SmartViscaの特徴

『SmartVisca(スマートビスカ)』は、"名刺ひとつ"でSalesforce入力を完結させます

SmartViscaは、お客様のSalesforce活用の “はじめの一歩” を支援
充実した機能とサポート体制で、お客様のSalesforce定着/活用を実現します。

Salesforceの日本法人設立当初からのパートナーとして、Salesforce開発・導入支援を行ってきたサンブリッジは
お客様のビジネス成功のため、900社2400プロジェクト以上のSalesforce活用に携わってきました。

中でも多くのお客様にとって最も大きな課題であった『正確な顧客データの蓄積』を乗り越えるため、SmartViscaを開発しました。

Salesforce活用のための4つのポイント

Salesforce活用には、正確な顧客データベースが必要不可欠。
SmartViscaはその整備のために必要な機能が全て備わっています

Salesforceのすべての基盤となる、「会社と人」の情報。
名刺ひとつで取引先・取引先責任者を自動作成
オンライン商談においても、顧客情報を一斉に入手できる
名刺交換が可能。顧客情報を漏れなくキャッチ
正確な名刺情報を元に、「OCR+人の手」でデータを入力
お客様の顧客データベースを正確に保ち続けます。
Salesforceを熟知したサンブリッジだからこそできる
高度な連携仕様と充実のサポート体制

ポイント1

Salesforceのすべての基盤となる、「会社と人」の情報。
名刺ひとつで取引先・取引先責任者を自動作成

Salesforceの全ての情報は、「会社と人」に結び付けられます。
つまりSalesforceで最も重要なのは取引先・取引先責任者の管理でありSmartViscaなら、名刺のスキャンひとつでそれを実現します。

ポイント2

正確な名刺情報を元に、「OCR+人の手」でデータを入力
お客様の顧客データベースを正確に保ち続けます。

どんなに苦労して蓄積した顧客データも、正確でなければ意味を持ちません。
SmartViscaの名刺デジタル化精度はほぼ100%。
重複が起こることのない、正確な顧客データベースをお客様に提供します。

ポイント3

オンライン商談時も、誰とでも名刺交換が可能。
WEBで出会った顧客の情報も漏れなくキャッチ

リモートワークやWEB商談が主流となり、顧客情報の風化やマーケティングリードの枯渇を危惧する企業が急増。
SmartViscaならオンライン上の接点も漏れなくSalesforceに蓄積します。

ポイント4

Salesforceを熟知したサンブリッジだからこそできる
高度な連携仕様と充実のサポート体制

900社2400プロジェクトのSalesforce開発実績を持つサンブリッジ
お客様専任のカスタマーサクセスが、名刺管理だけでなくSalesforceに関するお悩みも解決する「Salesforce定着化ソリューション」を無償で提供しています。

お役立ち資料

信頼の理由

企業規模・業種を問わず実績が豊富です

450社以上の企業様にご活用いただいています。

株式会社ウィルゲート

業種 コンサルティング・サービス業
従業員数 100~200名
課題 顧客データベースの分断、運用コストが高い

東芝デバイス&ストレージ株式会社

業種 製造業
従業員数 4000名以上
課題 国内外の顧客情報管理、営業活動の効率化

アデコ株式会社

業種 総合人財サービス
従業員数 2500名以上
課題 顧客情報の入力に時間がかかる

お客様の声

「Salesforceの定着・活用に繋がった」などの声を多数いただいています。

他社名刺管理からの乗り換えで、費用が以前の1/4以下に!

以前は他社の名刺管理を利用していましたが、Salesforceとの相性の良さに惹かれてSmartViscaにリプレイス。
顧客情報がSalesforceに集約されたことで運用コストが削減され、以前の1/4程度になりました。

サービス業界 COO

名刺をSmartViscaで取り込み、Pardotでマーケティング活用

新規リード創出、チャーン防止、休眠顧客の掘り起こしのため導入したPardotをより活用するため、SmartViscaを導入しました。名刺を取り込み、顧客情報をSalesforce上でもれなく管理できています。マーケティングの起点として名刺情報を資産として活用できるようになりました。

情報サービス業 マーケティング担当

SmartViscaでSalesforceを中心としたマルチクラウドを実現

他社名刺管理ツールから1万件以上のデータを移行し、SmartViscaを活用しています。SmartViscaに加えて、PardotやTeam Spiritを導入し、Salesforceを基盤としたシステムを構築。営業が交換した名刺はSmartViscaを利用し、スムーズにSalesforceへ連携できています。展示会でもSmartViscaを利用し、獲得したリードから多くの商談を創出しています。

情報サービス業 情報システム担当

受賞歴

Salesforceの活用を支援するプロダクトとして
複数の受賞歴があります

2018年

最も売れた
AppExchangeアプリ
大企業部門1位

2020年

Salesforceユーザーに
お勧めな名刺管理ソフト
No.1

2018年

最も売れた
AppExchangeアプリ
中小企業部門2位

よくある質問

よくご質問いただく内容を
ご紹介します

Q1. Salesforce未導入企業でも、SmartViscaを利用可能ですか?

はい、ご利用可能です。
Salesforceを利用されていない企業様向けに、
名刺管理からスモールスタートでSalesforceをご利用開始いただける
特別プランをご用意しています。

Q2. 名刺のデジタル化精度は
どれくらいでしょうか?

名刺情報はもちろん、手書きメモまでほぼ100%の精度でデジタル化します。
OCR処理と日本人オペレーターによる手入力校正によって、超正確かつ高速なデータ化を実現しています。

Q3. 導入後のサポート体制は
どうなっていますか?

専門のサポートチームがお電話/メールにてご支援いたします。
SmartViscaの使い方はもちろん、Salesforce活用に関するご相談まで、Salesforceの有資格者が対応いたします。 

気になる点は、
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ
(平日10:00〜18:00)
製品紹介やお役立ち資料を
無料でご活用いただけます

さらに詳しく知りたい方へ

導入にあたって気になるポイントを
詳しく解説します