ブログ

HOMEブログ > Salesforce(セールスフォース)お気に入り機能ご紹介②:知らないと損!Salesforceでレポート作成時に便利な「バケット」機能

2018/11/21   マーケティング担当 YH

  • Salesforce
  • SFA/CRM

Salesforce(セールスフォース)お気に入り機能ご紹介②:知らないと損!Salesforceでレポート作成時に便利な「バケット」機能



日ごろ使っているツールやサービスについて、気に入っている機能や便利だと感じている点を紹介する「担当者のお気に入り」シリーズ。今回のテーマはSFAやCRMの代表的なサービスの一つであるSalesforceの機能についてです。使い始めたばかりの方やSalesforceに興味をお持ちの方に、活用や検討のご参考にしていただければと思います。

今回は、Salesforceのレポート作成時に知っておくと便利な機能「バケット」について紹介します。

レポートの基本操作については、Salesforce(セールスフォース)お気に入り機能ご紹介①をご覧ください。

Salesforceには知る人ぞ知る便利機能「バケット」があります(ネットワークの”パケット”やフランスパンの”バゲット”ではありません)。日本語では「バケツ」を意味する「バケット」です。その意味からも想像できるかもしれませんが、バケットとはデータを項目ごとにグループ化したり、仕分けたりしたいときに使う機能です。

例えば、取引先の所在地別レポートを作成するとします。都道府県を軸に集計すると最大47項目のレポートができてしまい、とても見にくい状態です。

 

できれば関東や関西といった地域別など、もう少しまとまった単位でレポートを作ると見やすくなって良いでしょう。そんなときに使うのがバケットです。

それでは具体的な方法についてご説明します。

例)取引先企業の地域別レポートを作成する

  1. あらかじめ必要な項目を含めたレポートを作成しておきます(社名、所在地など)。
  2. レポートのカスタマイズをクリックし、編集可能な状態にします。
    バケット化したい項目(ここでは都道府県)の▼をクリックし、「この項目をバケット項目にする…」を選択します。
  3. 以下のような画面が表示されるので、「新しいバケット」をクリックし、バケットの項目名に任意の名前(ここでは「地域」)を入力します。この値が項目のラベルになります。

blog18111503

  1. 「新しいバケット」をクリックし、任意のバケット名(ここでは「関東」)を入力します。

blog18111505

  1. 「関東」の中に含めたい都道府県を指定します。「値を検索」を選択し、値の検索窓で「東京都」と入力し検索ボタンまたはEnterを押すと、該当する値がリストアップされます。blog18111506
  2. 移動先から「関東」を指定します。
    blog18111507
  3. 同様の手順で、該当する県を関東に追加します。また、新しいバケットとして「関西」を作成し、同様に該当する都道府県を振り分けていきます。
    このように、任意の値をそれぞれの項目に振り分けるところが、バケツに入れるイメージに近いのではないでしょうか。
  1. 今回、関東と関西以外は一つにまとめたいので、その場合は『バケット項目でない値を「その他」として表示します。』にチェックをいれます。
    blog18111508
  2. 以下のように、関東・関西・その他 にまとまりました。

 

数値項目の場合は範囲指定が可能

バケットは、テキスト・選択・数値項目のみに適用が可能です。数値の場合は範囲指定ができます。

以下は、商談日数を半年、1年、1年以上の3グループにまとめた例です。

blog181115010

 

以下のように商談期間ごとに集計ができます。

blog181115013

 

いかがでしたでしょうか。バケットはグループ化だけでなく、項目名を変えて表示したい場合などにも使えるので、レポート作成を頻繁にする方にはお勧めの機能です。

 

 

【ホワイトペーパー】Salesforce導入・活用支援 お客様事例集

本ホワイトペーパーでは、SFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理システム)として世界シェアの高いクラウドサービスであるSalesforceを導入した企業について、6つの成功事例をご紹介しています。
サイト上には公開していない活用事例もございますので、Salesforceの導入を検討されている方は是非ご覧ください。

Salesforce事例集をダウンロードする


Salesforceソリューション活用支援サービス

サンブリッジはセールスフォース・ドットコム社設立当初からのパートナーとして、
これまで多くのお客様をご支援してきました。
認定テクニカルアーキテクトが率いる経験豊富なプロフェッショナルが、お客様の業務改善をご支援します。

ご質問・お問い合わせ

関連記事